製缶の製造・企画・開発は最上CAN。ブリキ缶「2P・3P」アルミ缶のどんなことでも承ります。

品質・デザイン・機能の優れた缶で
商品価値を上げることが使命

設備と製品

Products

アルミ缶

アルミ缶
アルミニウム製の軽量でさびにくい缶
ネジ式で蓋がしっかりと締まります。

サイズ一覧

直径 38Φ 41Φ 45Φ 53Φ 62Φ
高さ 16㎜ 16㎜ 18㎜ 22㎜ 21㎜
容量目安 10g 10g 10g 10g 10g

各サイズ、パッキン有り・無しがございます。

※内容物によっては容量に違いがございます。実際に詰めて頂くことをお勧めいたします。

※ご希望のサイズ・ロットご相談ください。

2P缶

2P缶
薄いブリキ板からワンパンチで深絞り加工にて成形した缶。 缶本体につなぎ目がないので蓋をしてカシメることで漏れない容器となります。
2P缶

担当者コメント

2P缶ラインは1工程での深絞りという弊社独自の技術を使ったライン。

常に安定した生産が出来るよう日々のメンテナンスや定期点検に力をいれているのはもちろんの事、プレスやダイクッション・金型は重要なので万全であるよう心がけております。

品質向上はもちろんのこと、生産数や不良数にもこだわっています。

3P缶

3P缶
缶胴部品と底部品・蓋の3つのピースから缶容器を製造しているため3P缶と呼ばれています。 胴は筒状に丸めてシーム溶接し底をカシメて胴缶となります。
3P缶

担当者コメント

缶としての機能をしっかりと守るため、溶接・巻締・嵌合に特に注意して生産しています。

基本的な事ですが毎日始業前での溶接状態の確認、巻き締め部の計測、断面の確認、各数値の確認など缶としての役割をしっかりと果たせるよう注意を払っています。
また終業時の清掃は機械への感謝の気持ちを込めながら丁寧に行うことを心がけています。メンテナンスも機械の異変・不具合などにいち早く気づけるように一つ一つ念入りに行っています。

品質向上はもちろんのこと、生産数や不良数にもこだわっています。

ラバー

ラバー缶
缶と蓋の密閉性を高める為に、パッキンの加工
ラバー

担当者コメント

ラバーラインは缶の密閉性を保つ重要な工程の一つです。

蓋そのものは常に完璧なものを造り、ラバー塗布に集中できるように考えています。コンパウンドという原料を赤外線オーブンにて200℃以上の温度で焼き付けます。季節によって状態が変化しますし、主にマニュアルで操作しますので、いかに早く対応できるかがカギとなってきます。
今は新人二名の育成も担当させて頂いていますので、ともに成長できるよう励んでおります。



125H缶

テーパー缶・125H缶
押し蓋タイプのテーパー缶。嵌合強度が高く、輸送時の蓋外れを起こしません。

3ピース食品缶

スパイス缶・3ピース食品缶
3ピース缶とは、缶胴、缶蓋、缶底の3部分で構成されている缶です。食品用途として特化しております。

サイズ一覧

 

直径 φ52.8(#202)~φ83.4(#307)

※ご希望のサイズ・ロットご相談ください。

5㎏スタック缶

サイズ一覧

 

220×220ミリ
238×238ミリ
高さ 127ミリ

※ご希望のサイズ・ロットご相談ください。

1リットル丸缶

1リットル丸缶

サイズ一覧

 

直径 φ112~φ135(押し蓋)

※ご希望のサイズ・ロットご相談ください。

1リットル角缶

サイズ一覧

 

63×117.5 H180 40ローヤル

※ご希望のサイズ・ロットご相談ください。